片側フリルリボン

見に行く

推薦:この製品は非常に優秀な感じ

同類の製品の中でランキング第

  • ルナリボン Bonbons Yellow ルナリボン Bonbons Yellow __842 842分

製品の得点

  • 4.1
    製品評価
  • +
  • +
  • +
  • アマゾン 5.0分
    宝の街に 5.0分
製品の得点参考社以上の専門サイトと干し宝街の売上データ統計成約

全網言い伝え

私はコメント
  • て源のは宝の街に
    null あの子、絵のモデルをしながら、あの人とどんな話をしてるんだろう?  再生ボタンを押す瞬間、わずかに胸が高鳴った。そして……その胸の高鳴りは、録音されたものを聞き続けるうちに、どんどん激しくなっていった。  そう。そこには驚くべき音声が録音されていたのだ。 「あなたも聞いてみる? ものすごい内容よ」  手の中の小さなボイスレコーダーを僕に見せて、鈴木美佳が言った。  女はいつも彼女の娘が裸でポーズを作っているソファに、脚を組んで座っていた。相変わらず怒りに顔を紅潮させ、ローテーブル越しに座った僕を睨むように見つめていた。 「どう? 試しに今、聞いてみる? 本当にすごいのよ」  女がマニキュアの光る指をボイスレコーダーの再生ボタンに乗せ、僕は「やめてくれ」と呻《うめ》くように言って首を左右に振った。  けれど、女は僕の言葉を無視してボイスレコーダーの再生ボタンを押した。 『ああっ、先生っ……あっ、いやっ……ダメっ……』  女が手にした小さな機械から少女の淫《みだ》らな喘ぎ声が流れ、静かな部屋の中に大きく響いた。『あっ……ああっ……ダメっ……いやっ……あっ、いいっ……あああっ……』 「やめてくれっ……頼むから、やめてくれ……」  再び呻くように僕が哀願し、女がストップボタンを押した。夏の日が強く差し込む部屋の中に、再び静けさが戻った。 「どうしてやめるの? もっと聞きましょうよ」  冷ややかな口調で女が言った。「これからがすごいのよ。あの子、まるで発情した雌の獣ね。11歳の子供にあんなすごい声が出せるなんて、考えてもみなかったわ。わたしだって、あそこまでの声は出せないわよ」  女がまくし立て、僕は無言で唇を噛《か》み締めた。
    2015-02-04 22:20
    ŗ 評論 0
発祥地|片側フリルリボン
成立時間|
公式サイト|
ブランド紹介|片側フリルリボンすべての製品,ミュウミュウ財布フリルリボン_片側フリルリボンランキング10強_片側フリルリボンランキング