收藏

財布ランキングブランド編集

SKmei ダイバーズスタイルアナデジウォッチ メンズ レディース 腕時計 アナログ デジタル カジュアル スポーツ 防水 男性 女性 日本語説明書付 時計ブレスレットセット (パールホワイト)
__2,98000
SKmei ダイバーズスタイルアナデジウォッチ メンズ レディース 腕時計 アナログ デジタル カジュアル スポーツ 防水 男性 女性 日本語説明書付 時計ブレスレットセット (パールホワイト) 
V6 クォーツ 腕時計 カジュアル かっこいい おしゃれ メンズ レディース スポーツ ウォッチ クロノ グラフ アナログ 表示 【BOX 時計拭き付】 (ブラック 黒(スポーツ))
__2,28000
V6 クォーツ 腕時計 カジュアル かっこいい おしゃれ メンズ レディース スポーツ ウォッチ クロノ グラフ アナログ 表示 【BOX 時計拭き付】 (ブラック 黒(スポーツ)) 
WINNER 機械式 腕時計 スケルトン デザイン  カジュアル かっこいい おしゃれ メンズ レディース スポーツ ウォッチ アナログ 表示 【BOX 時計拭き付】 (ブラック 黒ver2)
__4,48000
WINNER 機械式 腕時計 スケルトン デザイン カジュアル かっこいい おしゃれ メンズ レディース スポーツ ウォッチ アナログ 表示 【BOX 時計拭き付】 (ブラック 黒ver2) 
oulm クォーツ メンズ レディース おしゃれ かっこいい 個性的 アンティーク ビッグフェイス 温度計 方位計 スポーツ 多機能 カジュアル 腕時計 プレゼント クリスマス 記念日 などに 【 BOX 時計拭き 付...
__null00
oulm クォーツ メンズ レディース おしゃれ かっこいい 個性的 アンティーク ビッグフェイス 温度計 方位計 スポーツ 多機能 カジュアル 腕時計 プレゼント クリスマス 記念日 などに 【 BOX 時計拭き 付... 
カジュアル 腕時計 メンズ おしゃれ 黒 白 赤 緑 黄 橙 青
__1,298 - 2,98700
カジュアル 腕時計 メンズ おしゃれ 黒 白 赤 緑 黄 橙 青 
選べる 6色 Jialilei デザイン シンプル おしゃれ 腕時計 アナログ メンズ レディース スタイリッシュ デザイン (ブラック)
__2,80000
選べる 6色 Jialilei デザイン シンプル おしゃれ 腕時計 アナログ メンズ レディース スタイリッシュ デザイン (ブラック) 
「これは、きっと面白い仕事になりそうだよ。あたしは夕顔っておいらんに肩入れがしたくなった」  おえんは余裕のある笑みをこぼしていった。  この日午后から、おえん、又之助、浜蔵、それに新五郎もくわわって、町々へ散っていった。市五郎が中宿につかっている二本松屋、さらに以前住んでいたとみられる神田明神下を中心に、聞きこみをはじめた。  かつての岡田屋は今では代替りしていて、『朝日屋』という旅籠の看板がかかっていた。おえんは朝日屋の主人と会い、岡田屋から買いとったときのいきさつ、その後の又兵衛の行方などについてたずねてみた。  新五郎と浜蔵は朝日屋の近隣の家々をたずね、岡田屋夫婦についてわかることならばどんな些細《ささい》なことでもひきだそうとした。  又之助は従来にひきつづいて二本松屋で聞きこみをやった。  翌々日、弁天屋の用談部屋で情報をもちよったが、全員目ぼしいものはもっていなかった。  つぎの日も、またつぎの日も……、馬屋たちは黙々と聞きこみにでかけていった。地味で根気のいる仕事だが、馬屋にとってはこれが基本になるもっとも大事な仕事なのだ。この辛抱にたえられぬ者は馬屋失格である。きびしい寒さのなか、彼等は早朝から、ときによっては夜更けまで聞きこみをやるのである。  ほんの他愛《たわい》ないことが、緒《いとぐち》になって、とてつもなく大きなネタをひきずりだすことがある。こういう仕事は先入観にとらわれず、しらみつぶしに労をおしまず、足と時間を十分につかってやるほかはない。  誰でもできるようでいて、存外むつかしい仕事なのである。馬屋を志願して住みこんできても、この聞きこみのつらさにたえられなくて、すぐにやめていく若い者がおおい。だからこれを何年もやっているうちに、馬屋としての勘と根性が自然にやしなわれてくる。実際、馬屋を十何年もやっている新五郎のような古強者《ふるつわもの》でも、厳冬の夜明けや夜更けの聞きこみには音をあげたくなることが今でもあるそうだ。 「さすがに、かまいたちをかますやつだけのことはあるねえ。こんなにネタのとれないやつもめずらしいよ」 「それくらい用心ぶかく自分の痕跡《こんせき》を消せるようなやつでなくちゃあ、かまいたちなんぞできねえっていうことだ」  十日ちかくたって、まためいめいは用談部屋で顔を合わせたが、おえんも新五郎も冴《さ》えた顔色ではなかった。又之助と浜蔵はむっつりとだまりこくっていた。 「岡田屋はあの土地で、二十年ちかくも旅籠をやっていたんだよ。二十年ものあいだの痕跡をなくしちまうなんてことが、できるわけはないんだ。どこかにかならずなにかのこってるはずだよ」  そういうおえんは、岡田屋のかつての顧客先や、材料の仕入れ先まであらって聞きこみをやったが、さしたる情報はなにもなかった。  新五郎は岡田屋の菩提寺をつきとめ、宗旨人別帳まであらってみたが、とうに岡田屋一家の人別は抹消されていた。又兵衛は自分ら家族がその土地で生きた痕跡を一つ一つしらみつぶしに消していったのだ。岡田屋が故意に破産して逃げたことが、これによってわかるのだった。  この水ももらさぬ又兵衛のやり口が、弁天屋一同の闘志をかきたてた。
表示ラベル: