木馬フリルリボン

見に行く

推薦:この製品は非常に優秀な感じ

同類の製品の中でランキング第

製品の得点

  • 4.1
    製品評価
  • +
  • +
  • +
  • アマゾン 5.0分
    宝の街に 5.0分
製品の得点参考社以上の専門サイトと干し宝街の売上データ統計成約

全網言い伝え

私はコメント
  • て源のは宝の街に
    null「どちらも——。母は小学生の頃、父は五年ばかり前に」 「そうか……」  千秋さんはしばらく、手にしたコップを見つめていたが、やがてそれを置き、ちょっぴり巻き舌になりながら、〈これ、宴会なんだろう?〉と聞いた。 「まあ、そうでしょうね」 「じゃあ、アタシ——歌うよ」  そういうと突然立ち上がる。ふらりと揺れた体を立て直すと、目を閉じた。今という時を消し、思い出の糸を手繰っているような表情だった。そして、糸の先がどこかに行き着いたのか、可憐な唇をうっすらと開き、歌い始めた。甘美な哀愁に満ちた旋律だった。 〈エンカイ〉という言葉にこれほど不似合いな調べも珍しい。  よく通る伸びのある声は、夜空を舞い雲の上下を行き来するピーターパンと子供達のように、高く低く続いた。やがて、それが沈んで絶え入るように終わる。 「何という曲です」  千秋さんはただ、つぶやいた。 「……昔、よく聞いたから」        11  トイレに行くふりをして自分の部屋に入り、雑誌や新聞の下に埋もれている、埃《ほこり》だらけのテープレコーダーを引っ張り出した。入っていたテープの爪《つめ》が折れていなかったのでそのまま録音出来る。  千秋さんの歌ったメロディーを、忘れないうちにハミングで吹き込んでおいた。  車が来て帰ることになったが、お嬢様はアルコールには、ごく弱いらしい。ふらふらしている。運転手の田代さんが街灯に眼鏡のメタルフレームを光らせながら、〈あ、そこはどぶが〉などと、いじらしいように心配している。赤沼執事にしてもそうだが、新妻家の使用人は皆、お嬢様の大ファンらしい。きっと人徳なのだろう。  明日、世田谷に伺った時、可愛いお嬢様に酒を飲ませたというかどで、お出入り差し止めになったら困るなと思った。
    2015-02-04 22:27
    ŗ 評論 0
発祥地|木馬フリルリボン
成立時間|
公式サイト|
ブランド紹介|木馬フリルリボン適する何年齢|miumiu財布サーモンピンク|木馬フリルリボン加盟電話_木馬フリルリボンオファー