ミュウミュウ財布人気ランキング
null
(ミュウミュウ)MIUMIU 長財布 5M1109 3CJ F0013/VERNICE FIOCCO AZZURRO 財布 二つ折り ヴェルニーチェ リボン パテントレザー アズーロ [並行輸入品]
__49,68000
(ミュウミュウ)MIUMIU 長財布 5M1109 3CJ F0013/VERNICE FIOCCO AZZURRO 財布 二つ折り ヴェルニーチェ リボン パテントレザー アズーロ [並行輸入品] 
(ミュウミュウ)MIUMIU 長財布 財布 5M0506 NAPPA VELE NERO/2B8Q F0002 ラウンドファスナー ナッパ ヴェレ レザー ブラック [並行輸入品]
__54,00000
(ミュウミュウ)MIUMIU 長財布 財布 5M0506 NAPPA VELE NERO/2B8Q F0002 ラウンドファスナー ナッパ ヴェレ レザー ブラック [並行輸入品] 
(ミュウミュウ)MIUMIU 長財布 財布 5M0506 2E8R F019L/MADRAS BICOLORE VIOLA+NERO ラウンドファスナー マドラス バイカラー リボン レザー ビオラ×ネロ [並行輸入品]...
__49,68000
(ミュウミュウ)MIUMIU 長財布 財布 5M0506 2E8R F019L/MADRAS BICOLORE VIOLA+NERO ラウンドファスナー マドラス バイカラー リボン レザー ビオラ×ネロ [並行輸入品]... 
(ミュウミュウ)MIUMIU 長財布 5M0506 2E6Z F0002/VITELLO CRYSTAL NERO 財布 ラウンドファスナー ヴィッテロクリスタル スタッズ ラインストーン ビジュー レザー ブラック [...
__59,40000
(ミュウミュウ)MIUMIU 長財布 5M0506 2E6Z F0002/VITELLO CRYSTAL NERO 財布 ラウンドファスナー ヴィッテロクリスタル スタッズ ラインストーン ビジュー レザー ブラック [... 
(ミュウミュウ)MIUMIU 長財布 5M0506 3CJ F068X/VERNICE FIOCCO ANANAS 財布 ラウンドファスナー ヴェルニーチェ/パテントレザー リボン アナナス [並行輸入品]
__49,68000
(ミュウミュウ)MIUMIU 長財布 5M0506 3CJ F068X/VERNICE FIOCCO ANANAS 財布 ラウンドファスナー ヴェルニーチェ/パテントレザー リボン アナナス [並行輸入品] 
エナメル キルティング 長財布 ラウンドファスナー レディース 財布 クラッチタイプ
__1,583 - 1,84700
エナメル キルティング 長財布 ラウンドファスナー レディース 財布 クラッチタイプ 
null 浅見の電話が切れるのを待っていたように、伯母から電話が入った。「元気?」と、のんびりした声で言って、「いつだったか、詩織ちゃんが言っていた、北原白秋の詩集ね」と言いだした。 「えっ? あの『おもひで』のこと?」 「そうそう、『おもひで』だったっけ、あれ、いまごろになって、ちょっと思い出したんだけど」 「えっ、じゃあ、やっぱり伯母さんのところにあったの?」 「ううん、そうじゃないのよ。そうじゃなくて、あなたの家でね、ほら、美咲さんが入院する前、お手伝いに行ったでしょう。あのときに、美咲さんが書庫から小さな白い本を持って出てきて、お仏壇の中に入れたような気がするの」 「えっ、ほんとですか?」 「たぶんね」  伯母は自信のない口調だ。 「もう何年も前のことだし、わたしもボケちゃったから、はっきり憶えていないんだけど、たしか、そんなようなことがあったと思うの。でもね、本の題名は見えなかったのよ。だからそれが『おもひで』だったかどうか、はっきりとは言えないのだけれど」 「白い小さな本なら、たぶん間違いないと思うけど……」  詩織は仏壇のある部屋の方角を見つめて、首をひねった。 「でも、仏壇なら毎日見てるし、パパが亡くなったときには、写真だとかお位牌《いはい》だとかを飾るので、ちゃんとお掃除もしたけど、そんなもの見当たりませんでしたよ」 「あら、そうなの?……そう、じゃあ、わたしの記憶違いかしらねえ……」  伯母が情けなさそうに言うので、詩織は気の毒になってしまった。 「ううん、私の調べ方が悪いのかもしれません。念のために、もういちど調べてみます。どうもありがとうございました」  お礼を言って、あまり期待感もないまま、ともかくも仏壇を見に行った。  仏壇はそう大きなものではない。美咲の母親——つまり詩織の祖母が亡くなったときに新調したもので、黒檀でできているのだそうだが、仰々しいのは嫌いだからと、父親が中庸をゆく程度のものにしたと聞いたことがある。  中を覗いてみたが、『おもひで』などありはしなかった。あればとっくに気づいているはずだ。それでも、ひょっとすると——と思って、詩織はお供え物を載せる棚を持ち上げてみた。