クロエ エテル

見に行く

推薦:この製品は非常に優秀な感じ

同類の製品の中でランキング第

製品の得点

  • 4.1
    製品評価
  • +
  • +
  • +
  • アマゾン 5.0分
    宝の街に 5.0分
製品の得点参考社以上の専門サイトと干し宝街の売上データ統計成約

全網言い伝え

私はコメント
  • て源のは宝の街に
    null「これは神明《しんめい》に誓ってまともな金だ。人を騙《だま》したり、盗んだりした金じゃない」  弟の疑問を先回りするように、天明《てんめい》が言った。 「俺はこの四年、海外のディーラーと美術品の取り引きもしてきた。それで稼《かせ》いだ金だ」 「……」  果たしてどこまで本当なのか、疑う気持ちもないわけではなかったが、来山の中には自分の兄を信じたい気持ちがある。四年前の天明の行動に誰《だれ》よりも衝撃《しょうげき》を受けたのも来山だった。 「謝《あやま》るぐらいなら、どうしてあんなことをしたんですか」  膝《ひざ》の上で拳《こぶし》を握りしめながら、来山は声を絞り出した。ほんのかすかに天明の口元に笑《え》みが浮かんだ。理由を問うのは半《なか》ば謝罪《しゃざい》を受け入れているからなのだが、来山自身はそれに気づいていない。 「あの時、一体なにがあったんですか」  来山の知っている限りでは、この山の坑道跡を一人で調《しら》べている最中に、天明が怪我《けが》を負ったことが全《すべ》ての発端《ほったん》だった。数時間後に救出された天明の命に別状はなかった。しかし、その時から天明の言動はがらりと変わった——名前を「皇輝山《おうきざん》」と改名し、自分に神の力が宿ったと公言するようになった。あげくの果てに、坑道の奥で発見したという古文書——『皇輝山文書』を使って客寄せまで始めた。  来山は『皇輝山文書』の内容を見たことはないが、それを「発見」する前に天明の知り合いらしき男が何度か訪ねて来たのは知っている。その男の協力で天明はそれを書いたのだろうと思っていた。 「この山の坑道はまだそのまま残っているのか?」  不意に天明が尋《たず》ねて来た。 「……ええ。どうなっているのか一度きちんと調べなければなりませんが」  戸惑《とまど》いながら来山は答える。中にはかなり広い空洞もあるらしい——一体、なんのためにそんなことを尋ねるのだろう、と思っていると、 「……俺は穴の底で夢を見た」  天明は遠くを見るような目で言った。 「悪い夢だった。しかし、もうその夢を終わりにしたいんだ」  陳腐《ちんぷ》な言葉だったが、奇妙に胸を打つ切実な響《ひび》きがあった。
    2015-02-04 23:12
    ŗ 評論 0
発祥地|クロエ エテル
成立時間|
公式サイト|
ブランド紹介|クロエ エテルランキング クロエエデンラウンドファスナー長財布,最高のクロエ エテル ネット上で買ってクロエ エテルどこが一番いい