「サービス」_ミュウミュウmadras bicolore|miumiu財布新作の製品はどう miumiu財布新作スターの製品


2015-02-05 08:50    miumiu財布新作
 ああ三十年という歳月は、何とまあ人の運命をほしいままにしたことよ。 「不幸な例をあげれば、ホラ、山本さん。日本橋の呉服問屋さんに早々とお嫁にいったのはいいけれど、子供二人を残してご主人が亡くなってネ。そのあとご主人の弟さん夫婦に店を乗っ取られちゃったの。いまじゃ女学校の同窓会だけがたのしみだから、必ず連絡ちょうだいって……」 「テッちゃん知ってる? あの人お姉さんと二人、手に手をとって修道女になっちゃったの。結婚どころか一生、神に捧げちゃったのよォ。ご両親はがっかりしてしばらく床についたそうよ」  小笠原さんが頃合いを見はからって、紙袋の中から女学校時代のアルバムをとり出した。「ホラ、ここに山本さん、これがテッちゃん……」  現在、二児をかかえた未亡人は、前列の右端でお下げ髪をキリッと二つにゆわえて直立不動の姿勢である。テッちゃんは特徴のある二重まぶたのうるんだような瞳で、後列の真ん中からじっとこちらを見つめている。女学校三年生というと十五歳か——。  ああ、それにしても三十年という歳月は何とまあ人の運命を……。  私が繰返し感慨にひたりきったその時、良妻賢母の典型ともいえる小笠原さんが、目がねを再びずり上げながら、覗き込むような表情で、 「アノウ、カミサカさん本当に一人なの? 独身ってホントにホントなの?」  えッ、はあ!? とっさのことに何故か私はうろたえて目を白黒させ、それがおかしいと主婦族御一同は体をのけぞらせて笑いさざめくのであった。良妻賢母もスミにおけない。中々やりおるわい。  この時、宿の時計がボーンと間のびした時を告げた。玄関で見かけた骨董クラスの柱時計である。その音を聞くと、主婦たちは急に�主婦�の顔に立ちもどった。 「たまのことだからいいけど、でもあんまり遅くなると……」  一人がそういうと我も我もとそわそわしはじめ、野沢菜の弁当箱が引っこんだ。アルバムが片づけられ、机の上の茶碗が片すみに寄せられると、またたくうちに座は三十年目の�現実�に立ち戻る。  銀行勤め二十五年が、ほっそりした指でセンスのいいスカーフを結んでいるのをみながら、私は何故かふっと切なくなっていった。 「またいつ会えるか分らないけど……元気でね」  銀行が淋し気な微笑を見せる。野沢菜はふくよかに笑っている。養子を迎えて家業のお菓子屋を継いでいるという人は、その夜、殆ど黙っていたけれど、私の言葉に答えてニコッと子供の頃そっくりそのままの愛らしい笑顔を見せて立ち上った。  かくて二時間のタイムカプセルはあっけなく消え去り、私はひとり宿にとり残されたのである。部屋に戻るとふっくらと蒲団が敷いてあった。枕元に果物があり、フォークのわきに「長野県の明日のお天気=晴れ」と印刷した紫の紙がそえてある。横になると枕はザワザワと音がして、ああなつかしいソバガラである。足元に湯たんぽが二つ入っている。その心づくしに身をうずめながら、私はたった今、闇に消えていった三十年前のクラスメートの顔を次々に思い浮かべつつ寝息をたてた。  壇上に身を伏せて笑う