收藏

prada 長財布編集

カジュアル 財布 メンズ 二つ折り 焦茶 黒 エンボス焦茶 エンボス黒
__2,980 - 4,63000
カジュアル 財布 メンズ 二つ折り 焦茶 黒 エンボス焦茶 エンボス黒 
星 スタッズ 財布 チェーン ウォレット ポーチ ストラップ 長財布
__3,98000
星 スタッズ 財布 チェーン ウォレット ポーチ ストラップ 長財布 
サイフ メンズ 財布 革 マネー クリップ 本革 ウォレット 編込み ホルダー
__1,68000
サイフ メンズ 財布 革 マネー クリップ 本革 ウォレット 編込み ホルダー 
(プラダ)/PRADA カーフメンズラウンドファスナー長財布 2M1317 053 002[並行輸入品] [ウェア&シューズ]
__62,30000
(プラダ)/PRADA カーフメンズラウンドファスナー長財布 2M1317 053 002[並行輸入品] [ウェア&シューズ] 
選べるカラー20色 ヒゲ キャンバス リュック かわいい フルーツメモ帳 または ヒゲペン セット  アウトドア 通学 修学旅行 バッグ かばん
__2,99000
選べるカラー20色 ヒゲ キャンバス リュック かわいい フルーツメモ帳 または ヒゲペン セット  アウトドア 通学 修学旅行 バッグ かばん 
2way ソフト ショルダー バック 大容量 ゴールド 金具
__4,970 - 5,54600
2way ソフト ショルダー バック 大容量 ゴールド 金具 
「そういえばうぶにきこえるが、あんまり怕いって顔にはみえないよ。」  彼は、ちょっと舌打ちしたいような気持でそういった。 「でも、学者って、なんだか見当がつかないもの。薄気味悪いわ。」 「馬鹿だなあ。学者だって、男だぜ。ただの男だよ。寝床のなかにまで本を持ち込んだりするもんか。」  寛治は、東京生まれの東京育ちだが、母親がこの町の出身で、戦争末期に母親の実家へ疎開してきてから、戦後にかけて、六年ほどこの町に住んでいた。その母親の実家は、いまはもう東京へ移ってしまったが、そのころは兵助の家の裏手にあって、だから寛治は兵助たち駅前組の仲間に入った。寛治が小学校の六年生、兵助は高等科の二年生だった。浜に打ち揚げられた難破船の残骸によじ登って海賊遊びに興じたり、戦後もしばらく放置されていた駅前広場の防空|壕《ごう》の廃墟に隠家を作り、一本のローソクに額を集めて秘密結社の構想に耽ったりした仲なのである。  寛治は、そのころから底の知れないような|物識《ものしり》で、仲間たちは〈学者の寛ちゃん〉と呼んでいた。その〈学者の寛ちゃん〉が、大人になって本物の学者になっただけの話だ。なにも怕がることはない。 「でも……誰だって本気にしないわ。」  リセは、土間を掃きながらそういった。他人事のようにくすくす笑っている。 「だから、嘘だと思ったら休暇のときにでもきてみればいい、そういったんだ。」  と兵助はいった。  実際、あの死んだ従兄のところの楓の木の下で、その話を切り出したときは、さすがに寛治も面くらっていた。勿論、兵助は寛治に妻子がいることを知っている。それで、子供の齢を尋ねて、お互いに齢だなあという話をした。愉しみは何かと尋ねると、近頃はもう酒だけだという。その酒も、年々酒量が落ちてくる。そんなことをいうので、これはいないのかいといって小指を出した。  最初、寛治はまるで短刀でも突きつけられたような顔をした。それから、下手な苦笑いをして、自分の躯で庭に立っている人々の目から兵助の小指を隠すようにしながら、僕にそんなものがいるわけがないと小声でいった。それで、兵助は、ちょうどよかった、実はあんたみたいな人の子供を生みたいといっている女がいるんだがねといって、リセの話を切り出したのだ。  読経の声がまだつづいていた。寛治は、まさか弔問先の庭でこんな話になるとは思わなかったに違いない。あわてたように兵助の腕を取って、あっちへいこうと楓の木蔭を離れた。日なたに出てみると、さっきまで楓の若葉の色を映していた白い顔が、酒でも飲んだように赤くなっていた。  庭の隅の柿の木の方へ、並んでゆっくり歩きながら話した。たまに会ってくれるだけでいい。それを一年ぐらいつづけて、いいと思ったら子供を一人生ませて貰いたい。勿論、生まれてきた子供はリセ夫婦の子として育てる。子供のことでは一切迷惑はかけない。  寛治は黙って聞いていたが、やがて|怺《こら》え兼ねたように、うふうふと笑い出した。兵助は、|所詮《しよせん》男は女房ひとりではおさまらないものだと思っている。だから、男にとってこんな耳よりの話はないはずだと思っている。人妻を一年愛人にして、最後に子供を生ませて、別れてしまう。余計な金がかかるわけではなし、どんな責任が身に降り懸かってくるわけでもない。ただ、この世のどこかに、もうひとり、自分の子供が生きているという薄気味悪さに耐えるだけでいい。  思わぬ棚からボタ餅で、それでつい、笑いが洩れたのかと思ったら、寛治は驚いちゃったなあという。そんな女性がいるとは信じられない、一体どんな女性なのか、そういって訊くから、俺の女房の妹だよというと、寛治は不意に立ち止まってしまった。それで、兵助はここぞとばかりに、だから|身許《みもと》は確かなんだ、こんな安全な女は二人といないぜと、畳みかけるようにそういって、札入れからリセの写真を取り出した……。 「あら、恥ずかしい。」  と、リセはいった。また口先だけで物をいう。
表示ラベル: