ビトン新作 長財 布

見に行く

推薦:この製品は非常に優秀な感じ

同類の製品の中でランキング第

製品の得点

  • 4.1
    製品評価
  • +
  • +
  • +
  • アマゾン 5.0分
    宝の街に 5.0分
製品の得点参考社以上の専門サイトと干し宝街の売上データ統計成約

全網言い伝え

私はコメント
  • て源のは宝の街に
    null  [#小見出し]2 戦後・後思想概観 †転機[#「転機」はゴシック体]  最初に、七〇年代から今までの話を教科書風に整理をしておきたいと思います。これは現代の話です。現代の話というのは、一方ではすぐにわかってしまうんです。僕らはその中を現に生きているわけだから。しかし他方で、本質的なところは、かえってよくわからないというところがあります。つまり、今、一体何を自分たちがやっていることになるのかというのは、いわば後から振り返って「ああ、そういうことだったんだ」とわかるのであって、まさにその現在においてはよくわからないというところがあるわけです。  〈戦後・後〉、つまり一九七〇年以降の展開を教科書風に整理しておけば、まず七〇年代のちょっと前、六〇年代末期、とりわけ六八年をピークにして七二年に終結を迎えるまでの時期というのは、移行期になるわけですけれども、この時期は皆さんもよく知っているように、学生運動がピークだった時期です。若者の反乱の時期になるわけです。この時期というのは、別に日本だけではなくて、多くのいわゆる先進国でそうだったわけですけれども、近代というものをリードしたアイディアとか、あるいは日本の場合は特に戦後民主主義のような、戦後をリードした理念というものを批判する時期であったというふうに、大体言っていいわけです。ただ、この場合、そういった近代をリードした理念とか、戦後をリードした理念を批判する、その批判の立場自体が、基本的には近代的であったり、あるいは基本的には戦後的な理念を前提にしていた。だから、近代が自己批判している、戦後の理念が自己批判している、そんなふうに言ってもいい時期が六八年から七二年ぐらいの時期だと思うんです。  具体的に言えば、どういうことが自己批判ということになるかというと、たとえば戦後民主主義なんかが批判されるわけだけれども、その批判は、たとえば実存主義的な個人の主体性というものを前提にした議論であったり、ある種の共同性というものを前提にした疎外論という形式をとったりした。実存主義的な個人にせよ、あるいはある種の平等な共同性にせよ、民主主義を支える基盤です。だから、この種の批判は、近代が自分で自分を批判するという、何かある種矛盾したやり方でもあった。非常に卑俗に言えば、このときに批判されているのはアメリカ的なものなんです。理論的に言えば、アメリカ帝国主義だし、あるいは、自由とか民主主義というアメリカ的な理念ですね。そういうアメリカ的な理念とか帝国主義というものが批判されているけれども、しかし、その批判する当人は、アメリカからやって来たカルチャーというものをどっぷり受け入れている。そういうアメリカによってアメリカを批判するという態度が、この時期の批判を戯画的に象徴しているわけです。  ともかくこういうやり方は矛盾している。自分で自分の基盤をたたいていくわけですから。ですから、次第に自分が立脚している立場が一体何であるかわからなくなってしまう。つまり、自分が批判しているんだけれども、その批判の対象となっているもの自身が自分の論拠だったりしますから、自らが立脚するベースそのものをだんだん空虚なものに変えていってしまうんです。  この時期の思想・論法を、最も過激に刺激したのが、吉本隆明だったと、とりあえず言ってもいいと思います。念のために付け加えておけば、吉本の思想そのものは、今述べたような単純な矛盾に冒されてはいません。彼は、自分で真に納得するような形でのみ考えを究めるということを非常に徹底させた、日本ではめずらしい思想家だったと思います。ただ、その吉本の思想が時代と反響し、当時の若者の思考と行動を刺激した、と指摘しておきたいのです。だから、もちろん、吉本の思想の細部には、もっといろいろな可能性があります。が、とりあえず、彼が受け入れられた位置を教科書風に整理すればこうなるということです。 †内向の世代[#「内向の世代」はゴシック体]  こういうふうにして、六八年から七二年くらいの移行期において、社会を批判するための基準となる理念とか理想とか、そういうものがだんだん空虚なものになっていってしまうんです。つまり、自分で自分を批判していくうちに自分自身のベースがなくなってくる。僕は、オウム真理教について書いた『虚構の時代の果て』という本の中で、戦後すぐから、こういう七〇年くらいまでの段階を「理想の時代」と呼びました。六八年から七二年くらいの段階に、社会をこういう形で批判するとか、こういう形で承認するとかいうときの、基本的な理念とか理想というものはだんだん空虚なものになっていくということは、この時期に「理想の時代」の基礎が切り崩されていくということであり、これが「理想の時代」の末期にあたるということです。  このときに出てきたのが、移行期的な、したがって短期的なものですけれども、「内向の世代」と言われている一群の作家、批評家です。「内向の世代」というのは小田切秀雄が使った言葉で。彼は、非常に批判的な意味あいで使っています。しかし、この語が、結果的にはその世代の雰囲気というものをよく言い当てていたために、批判的な含みから独立して定着してしまったわけです。「内向の世代」と言われる小説家とか批評家は、皆さんもよくご存じの人たち、たとえば、古井由吉であるとか、後藤明生であるとか、黒井千次であるとか、あるいは評論家であれば川村二郎とか秋山駿とかですね。たいへん表面的な水準で整理してしまえば、彼らはもう、他者を告発したり批判したりするための論拠を持たないんです。社会の変革にストレートに参加していくというときの自分の立脚点を持たない。だから、基本的には、内側に視線が向かっていくわけです。それが「内向の世代」の批評家や作家たちの特徴であると、教科書的に言えば、そういうことになるわけです。  この「内向の世代」というのは、この七〇年代までに起きてしまった、ある理念の真空地帯というものにちょうど対応する形で出てきたのではないかと思うんです。もし、そうだとすると、この「内向の世代」というのは過渡的なものだということになります。実際、このことをはっきり示したのが、柄谷行人です。つまり、これは浅田彰もどこかで言っていたと思うんですけれども、「内向の世代」が持っている指向性というか方向性みたいなものを内側から破って、そのことによって逆に「内向の世代」というのは過渡的なものであったということを否応なく印象づけてしまう、それが柄谷行人という人だったと思うんです。柄谷行人も、当時は「内向の世代」という分類に入る。しかし、彼は「内向の世代」を自己破綻にまで導いてしまうわけです。柄谷行人が示したことは次のようなことです。「内向の世代」というと、外界には関心を抱かないけれども、しかし、内面的には非常に豊かである、といった印象をもちます。しかし、内面しかもたない「内向の世代」は、その内面においてすらも貧困であるということ、柄谷氏は、このことを示してしまったんです。
    2015-02-05 15:37
    ŗ 評論 0
発祥地|ビトン新作 長財 布
成立時間|
公式サイト|
ブランド紹介|買ってビトン新作 長財 布どのウェブサイトの良い_ミュウミュウスタッズリボン,どんな種類のビトン新作 長財 布いい 「促銷」