ミュ ウミ ュウ 財布 新作オファー ミュウミュウ財布新作2012 ミュ ウミ ュウ 財布 新作ランキング_ミュ ウミ ュウ 財布 新作アフター


2015-02-05 15:56    ミュ ウミ ュウ 財布 新作
 画家がおどおどとした声を出し、わたしはそれにもカッとした。悪いことは何もしていないんだから、もっと堂々としていてほしかったのだ。 「失礼ですが、そのお嬢さんはあなたの娘さんですか?」  中年の警察官の言葉遣いは丁寧ではあったけど、すごく高圧的で、威嚇しているみたいな感じだった。 「そうよ。この人はわたしのパパよ。何か文句があるの?」  画家が口を開く前にわたしは言った。自分でもわかっていたけれど、その口調は喧嘩腰《けんかごし》だった。 「何か、おふたりが親子だと証明できるものはありますか?」  中年の警察官が疑わしげにわたしたちを見た。その目付きが、わたしをさらにカッとさせた。 「そんなこと、どうしてあなたたちに証明しなきゃならないんですか? いったい何の権利があって、そんなことを言うんですか?」  わたしは警察官に食ってかかった。  そんなわたしを画家が「鈴木さん、ダメだよ」と言って制した。  鈴木さん?  その言葉に、わたしはよりいっそうカッとした。わたしが親子だと言い張っているのだから、彼にはそれに合わせてもらいたかったのだ。 「すみません。親子じゃないんです」  困ったように画家が言った。「僕は画家で、この子は絵のモデルなんですよ」  わたしには、なぜ、彼がわたしの味方をしてくれないのか、わからなかった。裏切られたと思った。 「いいえ。本当は違うんです」  大声でわたしは言った。「この人は画家なんかじゃなく、ただの変態で、わたしは無理やり、こんなことをさせられてるんです。ほかにもいろいろと、嫌らしいことをたくさんされているんです。無理やりエッチなことをさせられたり、裸の写真を撮られたりもしているんです」  わたしの発言により、大変な騒ぎになってしまった。